目の病気

遠視・近視・乱視

「見えにくい」を放置せずに受診しましょう

目の屈折異常によって、遠視や近視、乱視になります。
特に小さいお子様の場合は、目の症状を発見しずらいことがあり、普段から斜視などの症状に注意する必要があります。
遠視・近視・乱視は一般的な目の病気ですが「見えにくい」原因が他の病気であることもあります。急に見えにくくなった場合、片目だけ見えにくいなど違和感を感じた際は、早めに受診しましょう。また定期的に目の検査を行うことをお勧めします。

白内障

水晶体が濁り、見えにくくなる病気です

白内障は水晶体が濁り、次第に見えにくくなる病気です。
初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体をもとに戻すことはできません。
視力を回復するためには、白内障手術を行います。

緑内障

40歳以上の方の約20人に1人が緑内障と言われています

視神経(目の神経)が細くなり、視野が狭くなる病気です。40歳以上の方の約20人に1人が緑内障と言われています。以前に比べよい点眼がありますので、早期治療をすれば、多くの方は日常で問題ない程度におさえることも可能です。早期発見・早期治療によって失明という危険性を減らすことができる病気です。

視野のイメージ像 ※右眼で表示しています。

  • 初期

    初期

  • 中期

    中期

  • 末期

    末期

加齢黄斑変性

急速な視力低下が起こる病気です

加齢により網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、見ようとするところが見えにくくなる病気です。見たいものが歪んでみえたり、黒くみえなかったりします。
一般には馴染みの薄い病名かもしれませんが、欧米では成人の失明原因の第1位で珍しくない病気です。日本では比較的少ないと考えられていましたが、人口の高齢化と生活の欧米化により近年著しく増加しており、失明原因の第4位となっています。

加齢黄斑変性チェックシート

約30cm離れて、片目ずつマス目の中心点を見てください。眼鏡をお使いの方は眼鏡をかけたまま見てください。

以下のような見え方をした場合、お早めに医師の診察を受けてください。

  • 部分的に線が曲がって見える

  • 部分的にゆがんだり、ぼやけている

  • 部分的に欠けて見える

ドライアイ

目の痛みやまぶしさ、異物感はドライアイが原因かもしれません

現代社会では、パソコンのモニターを見つめている時間が多くなり、目を酷使している状態です。ほとんどの方は「目の疲れ」と考え眼科医に受診しませんが、ドライアイが原因となり、深刻な目の病気を招くこともあります。異物感やまぶしさ、目の痛みを感じたらドライアイを疑い、気軽に受診ください。

麦粒腫(ものもらい)

「ものもらい」と呼ばれる目の感染症

俗に「ものもらい」と呼ばれ、原因は細菌感染によるものです。汗を出す腺や、症状は眼 の充血、痛み、かゆみなどがあり、悪化すると化膿します。つい目をこすってしまいがちですが、症状を悪化させてしまうため、こすらないようにしましょう。
感染症であるため、治療には抗生物質の点眼や内服を行います。多くは薬で治りますが、腫れが強い時は、外科的に切開が必要なこともあります。

飛蚊症

生理的飛蚊症と病的飛蚊症の鑑別が重要です。

明るい所や白い壁、青空などを見つめたとき、目の前に虫や糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えることがあります。視線を動かしても一緒に移動してくるように感じられ、まばたきをしても目をこすっても消えませんが、暗い所では気にならなくなります。このような症状を医学的に「飛蚊症」と呼んでいます。
網膜剥離や網膜裂孔などの病気が原因となって、飛蚊症がおきることもあります。いつもと違うと感じたら、軽く考えずにご相談ください。

糖尿病網膜症

糖尿病の方は定期的に眼科検診をしましょう

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつです。糖尿病によって血糖が高い状態が続くと、網膜の毛細血管が少しずつ損傷を受け、血管が変形したり、つまったりします。
血管がつまると網膜のすみずみまで酸素が行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態に陥る結果、新しい血管(新生血管)を生やして酸素不足を補おうとします。新生血管はもろいために容易に出血を起こします。また、出血すると網膜にかさぶたのような膜(増殖組織)が張ってきて、これが原因で網膜剥離を起こすことがあります。
糖尿病網膜症は、かなり進行するまで自覚症状がない場合もあり、まだ見えるから大丈夫という自己判断は危険です。

花粉症

つらい症状は、お早めにご相談ください。

花粉症の目のかゆみは、アレルギー性の結膜炎です。まぶたの裏側と白目の表面をカバーする結膜は、いつも涙で濡れているので、花粉がつきやすくなっています。
花粉症の原因となる花粉は、およそ60種類。1年中さまざまな花粉が空中を飛んでいます。花粉症は早めの対策が肝心です。花粉が飛び始める時期を知っておきましょう。日本でもっとも多い花粉症の原因であるスギ花粉の場合は、例年2月上旬ごろといわれています。
症状が出る時期の2週間~2ヶ月程前にご相談ください。症状が現れる前に対策をとることで、症状の軽減が期待できます。

よくある症状

目やまぶた、見え方について気になる症状や不快感がありましたら、まずはご相談ください。

  • 目が赤い
  • 目が痛い
  • 黒いものが見える
  • 物が歪んで見える
  • 涙が出る
  • 目が乾く
  • まぶたが腫れている
  • 見えにくい
  • めやにが出る
  • 目の奥が痛い
  • 光がまぶしい
  • まばたきの回数が増えた
  • まぶたがピクピクする
  • メガネの調子が悪い

目の病気について


Doctor's File