検査・手術

検査

  • OCT(光干渉断層計)

    短時間に眼底内部の観察と測定ができる装置です。従来まで観察し辛かった網膜の状態が精密に観察でき、加齢黄斑変性症、糖尿病網膜症等の網膜疾患や、緑内障の治療方針決定や治療効果の判定が可能になりました。

  • 眼底自発蛍光【おいかわアイクリニック】

    網膜色素上皮に存在するリポフスチンの様子を撮影することができます。この検査は、加齢黄斑変性をはじめとした加齢による疾患の早期発見や経過観察に有用です。

  • オートレフケラトメーター

    眼の屈折力と角膜曲率半径を測定し、近視・遠視・乱視の眼の屈折状態や、眼鏡やコンタクトレンズの処方時に必要な角膜曲率を自動で測定する検査装置です。

  • ノンコンタクトトノメーター

    弱い風をあてることで眼圧を測定します。痛みはありません。
    眼圧の高さで、高眼圧症(視神経や視野には障害はないが、眼圧が慢性的に高い)や、緑内障(視野に欠損がみられる)などの病気を診断します。

  • 屈折力解析装置

    角膜の表面形状の詳細を測定する装置です。 円錐角膜、角膜疾患等の検査や、白内障術後の経過観察に有効です。

  • 細隙灯顕微鏡

    眼科診療には必須の器械です。 当院では、外部モニターを設置し、映像を患者様への病状説明に活かしております。

  • 視野計

    見える範囲(視野)の欠損部の有無、範囲を調べる装置です。おいかわアイクリニックでは静的視野計(ハンフリー視野計)を備えております。動的視野計(ゴールドマン視野計)はおいかわ眼科にございます。

  • 角膜内皮顕微鏡

    角膜の一番内側にある角膜内皮細胞の状態を観察できる装置です。 角膜内皮細胞は新生や分裂能力がなく、一度減少すると、再生することのない角膜の透明性を維持するために重要な細胞です。

  • YAGレーザー

    「後発白内障」の治療を行います。眼球にメスを入れることなく、レーザーによって水晶体の濁りを弾き飛ばすことができます。

  • 光学的眼軸長測定

    白内障の手術前に必ず行う検査です。目の長さ(眼軸長)や角膜(黒目)の屈折力(カーブ)を測定し、白内障手術時に挿入する眼内レンズ(IOL)の適正度数を計算します。

白内障手術

白内障とは?

白内障は水晶体が濁り、次第に見えにくくなる病気です。
初期の白内障は点眼薬で進行を遅らせることができる場合もありますが、濁った水晶体をもとに戻すことはできません。

  • 正常な眼

    水晶体が透明なので光はよく通る

    正常な眼

  • 白内障の眼

    水晶体が濁り光はよく通らない

    白内障の眼

白内障手術とは?

白内障の手術は、濁った水晶体を取り除き、その代わりに眼内レンズを入れる手術です。手術を怖いと感じる方もいらっしゃるかと思いますが、白内障手術は日本国内で一年間に140万件も行われているポピュラーな手術です。
手術中は麻酔を行い、痛みは感じません。

よくある症状

目やまぶた、見え方について気になる症状や不快感がありましたら、まずはご相談ください。

  • 目が赤い
  • 目が痛い
  • 黒いものが見える
  • 物が歪んで見える
  • 涙が出る
  • 目が乾く
  • まぶたが腫れている
  • 見えにくい
  • めやにが出る
  • 目の奥が痛い
  • 光がまぶしい
  • まばたきの回数が増えた
  • まぶたがピクピクする
  • メガネの調子が悪い

目の病気について


Doctor's File